熊本の情報サイトくまフォで熊本をもっと楽しく

くまふぉロゴ

熊本の情報・体験を発信

あなたの好きな熊本を新発見・再発見!!

熊本を楽しむための情報サイト【くまふぉ】でもっと毎日を楽しもう♪

・一本数億円 ・長寿の祝い
・意外と知らない歌 ・右と左の話
・謎だらけ ・出来る大人
・カルチャーショック ・価値観の違い
・ガラパゴス

 

粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

一本数億円

バイオリンの名器

 

「ストラディバリウス」

 

約300年前に作られたバイオリンです。

 

製作者はストラディバリ。

 

バイオリンに縁のない方も一度は耳にしたことがあるのでは?

 

作品で現存するものは約600台ほどらしいです。

 

一台数億円~取引されるそうですが、なぜそんなに価値があるのかはよく分かっていないようです。

 

事実、現代の技術で作ったバイオリンとストラディバリウスでは、音色などほとんど変わらないという評価も出ているのです。
(300年前の作品ですから、そこの部分の価値はありますけど)

 

高価なバッグ・アクセサリー・服・・・

 

同じような素材、技術で製法すれば使う分にはたいして変わりません。

 

高価だから良いものだ!そんな先入観で失敗しないように身の丈に合った生活をしましょう。

 

ちなみに、音楽家で有名な

 

ベートーベン

 

彼以前の音楽家は頭がクルクル(かつら)ですが、ベートーベンはモジャモジャです。

 

これは、それまでのお偉いさん向けの音楽ではなく、大衆向けの音楽を目指したためなのです。

 

音楽に対して強い信念を持っていたんですね。

長寿の祝い

長寿の国日本。

 

毎年少しずつ平均寿命は延びてきています。

 

今では平均寿命は80歳以上までなっています。

 

そんな日本では、長寿のお祝いがいくつかあるのを知っていますか?

 

良く聞くのは「還暦」ですね。

 

60歳の誕生日に還暦祝いをしますね。

 

この他にも、

 

70歳→古希(こき)

 

77歳→喜寿(きじゅ)

 

80歳→傘寿(さんじゅ)

 

88歳→米寿(べいじゅ)

 

90歳→卒寿(そつじゅ)

 

99歳→白寿(はくじゅ)

 

米寿などは分かりやすいですね。米の字を分解すると「八十八」になるから。

 

白寿は百から一をひくと白になるから。

 

など、それぞれに由来があるのです。

 

最近では古い風習が無くなりつつあります。これも大事な日本の風習。なんとか守っていきたいものです。

 

ちなみに、111歳を祝うのは「皇寿」(こうじゅ)といいます。

 

なぜ皇寿というか分かりますか?

 

米寿、白寿の由来と似たようなものです。

 

意外と知らない歌

国を代表する歌、国歌。

 

日本の国歌はご存じ、「君が代」

 

でも、ちゃんと意味を理解して歌っていますか?

 

おそらく知らない方も多いのではないでしょうか。

 

まず最初の「君が代は」

 

現在では、我が国の繁栄や平和という解釈

 

次に「千代に八千代に」

 

千年も八千年も

 

そして「さざれ石の巌となりて」

 

さざれ石とは小石のこと、巌とは大きな岩石のこと。

 

つまり、小石が長年かけて大きな岩石となるまで

 

最後に「苔のむすまで」

 

さらに、それに苔が生えるまで

 

気付きましたか?ほとんど長い時間を強調するものなんです。

 

まとめると、我が国の繁栄と平和が長い間続きますようにってことですね。

 

ちなみに、この「君が代」

 

世界一短い国歌らしいです。

右と左の話

日本では当たり前の左車線。

 

でも世界では、右車線のほうが割合が多いのです。

 

なぜ国によって違うのでしょう?

 

左車線の主な国はイギリス、オーストラリア、インド、日本・・など。

 

右車線はそれ以外の大勢の国々。

 

イギリスと日本には意外な共通点があったのです。

 

それは、「刀」

 

イギリスの騎士、日本の武士。共に左腰に刀を差していました。

 

お互いが右側を通行すると刀同士が触れ合ってしまいます。

 

それを避けるために自然と左側通行になったそうです。

 

アメリカなどは交通に馬車を使用していて、右手で鞭を持っていたそうです。自分の鞭が前から来る馬車に当たらぬよう右側通行になったとか。

 

ちなみに、利き手の右利き・左利き。

 

外国は左利きが多いと思っていませんか?

 

実はほとんどの国が右利きが多いのです。

 

カルチャーショックですね。

 

謎だらけ

興味のあるかたは知っているかもしれませんが、

 

「オーパーツ」

 

って知っていますか?

 

日本語で言うなら、時代錯誤遺物。その時代にはないはずの技術や文明のことです。

 

有名なものだと、ナスカの地上絵などもその一つです。

 

調べれば嘘くさいものもありますが、中には本物ではないかと思ってしまうものもあります。

 

ロストテクノロジー(失われた技術)

 

と言って、はるか昔は現代のように文明・科学が発展していたけれど、なにかの原因により滅んでしまったのではないかという説もあります。

 

隕石衝突・核戦争・洪水などなど・・様々な見解があるみたいですね。

 

職人の後継者がいなくて、ロストテクノロジーになりそうな現代の技術もたくさんあるようです。

 

ちなみに、オススメのオーパーツは

 

「ヴォイニッチ手稿」

 

文字や絵が大量に描かれているにも関わらず、全く解読できていないという謎すぎる手稿です。

出来る大人

「テーブルマナー」

 

正しいルールで食事することはできますか?

 

自宅ではそこまで気にしなくても、やはり外出先ではある程度出来たほうがいいですよね。

 

和食に関しては慣れ親しんでいるので、だいたい分かるはずです。

 

困るのが洋食。

 

フォーク、ナイフ、スプーン・・

 

日頃使い慣れていないものなので、困惑してしまいます。

 

結婚式などに行くとフォーク、ナイフ、スプーンがたくさん並べてありますよね。

 

あれは、外側から順番に使っていきます。

 

そして肉を切る時は左側から。

 

スープをすくう時は手前から奥へ。パンをつけたりするのはNG。

 

食事中離席する時は、フォークとナイフを「ハ」の字にお皿の上に置いておく。
(これがまだ食事中という意味)

 

食事が終わったら、フォークとナイフを並べてお皿の上に置いておく。

 

軽く紹介しましたが、もっと細かくマナーがあります。

 

しっかりとしたマナーを身に付け、できる大人になりましょう。

 

ちなみに、パスタをスプーンとフォークを使って食べるのもいけません。

 

本場イタリアでは、パスタを上手に巻けない子供ぐらいしかそういった食べ方をしないそうです。

 

カルチャーショック

島国「日本」

 

故に、独自の文化を築き上げてきました。

 

そんな中、外国人には理解不能な日本独自の文化をご紹介します。

 

1.自動販売機の多さ
安全大国ならではなのでしょう。治安の悪い所では危なくて設置できないそうです。

 

2.無料でティッシュを配る
そんなもの経費の無駄と考えるそうです。

 

3.いただきます
似たような言葉はありますが、「いただきます」のようなものはない。

 

4.正座
外国人は慣れていないのですごく痛いらしいです。

 

5.ウォシュレット
実は日本発祥。外国でも人気が出始めているとか。

 

6.お年玉
確かによく考えれば意味不明ですよね。

 

7.女性が夜一人で出歩く。
安全大国日本も徐々に崩壊してきています。夜道の一人歩きはやめましょう。

 

他にもたくさん日本独自の文化があります。国が違えば文化も違うもの。

 

日本人からすれば、サービスを受ける度にチップを払うのなんて意味不明ですもんね。

 

ちなみに、日本語の「津波」

 

外国でも「Tsunami」と呼びます。

 

日本語が語源になっているんです。

価値観の違い

「最近の若い者は・・」

 

こんな言葉をよく耳にすると思います。

 

いわゆる、ジェネレーションギャップですね。

 

社会に出たのだからこうするのが当たり前。そんな固定観念に捉われていないだろうか。

 

当たり前のことだけど、歩んできた道も違えば、受けてきた教育も全然違います。もちろん社会での経験だって違います。

 

人間はどうしても悪いところに目がいきがちです。悪いところと同じように良いところにも目を向けられる人がはたしてどれくらいいるでしょうか。

 

あなたと同じように相手にも家族がいて友達がいます。

 

周りだってあなたを見ています。自分の価値観だけを押し付ける、器の小さい人間にならぬよう、自分の言動には注意しましょう。

 

ちなみに、最近の若者は・・という言葉は古代エジプトでも使われていたらしいです。

 

もしかしたら、あなたも昔は年上の方から言われていたかもしれませんよ。

 

ガラパゴス

日本の携帯は独自の進化を遂げてきました。

 

このことを

 

ガラパゴス化と呼ばれています。

 

(赤道直下のガラパゴス諸島にちなんで)

 

・テレビ

 

・お財布ケータイ

 

・絵文字

 

・防水機能

 

など、日本の携帯にしかついていません。

 

特に防水機能は海外でも人気があり、欲しいという人が多いのですが、日本の技術でしか作れないそうです。

 

ちなみに、電話に出る時の

 

「もしもし」

 

は、昔の「申す、申す」からきているそうです。

 

 

 

粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

 

カテゴリー別粒知識

【生活】

家 

【生物】

ライオン 

【由来】

本 

【文化】

山 

【自然】

森 

【食べ物】

ナイフとフォーク 

【人体】

人物 

【世界】

地球 

【テクノロジー】

スマホ 

【言葉】

スピーカー 

【人物】

人物 

【スポーツ】

スポーツ 

【その他】

その他 

 

 

 

粒知識【文化①】

・一本数億円 ・長寿の祝い・意外と知らない歌 ・右と左の話・謎だらけ ・出来る大人・カルチャーショック ・価値観の違い・ガラパゴス粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む

粒知識【文化②】

・時代の変化 ・読めない・安全な乗り物 ・沖縄・特殊な大工 ・柔軟さが必要・1都1道2府43県 ・面!・立ち技最強格闘技粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む

粒知識【文化③】

・婚約したら ・冥福を祈る期間・綺麗な国 ・正しい作法・地域で違う ・カレンダーに書いてあるもの・古い将棋 ・国民の休日・軽い活動粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む

粒知識【文化④】

・ジップ ・年賀状・モアイ ・注連縄・1~6 ・ニックネーム・七不思議 ・人の形をしたもの・洗おうよ粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む

粒知識【文化⑤】

・あのマークが ・母の日・月の名前① ・月の名前②・葬儀のマナー ・一円の秘密・ひな祭り ・クールジャパン・鯉のぼり粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む

粒知識【文化⑥】

・電気の時代 ・湯屋・お返しの日 ・7つの県・死後の名前 ・深い芸術の世界・おしゃれ集団 ・効率のいい仕事のために・食器粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む

粒知識【文化⑦】

・みどりの日 ・インドの数学・添い寝 ・1週間の年・世代 ・雨の童謡・あなたはどこ? ・中立国・新たな文化粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む

粒知識【文化⑧】

・報復 ・日米友好の証・お断り ・イグノーベル賞?・八本足 ・挨拶の文化・めでたい貝 ・ブダペスト・円粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む

粒知識【文化⑨】

・漫画 ・切腹・忌み箸 ・otaku・屋台 ・海の女・お賽銭 ・祝箸・SOS粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む

粒知識【文化⑩】

・〒 ・火葬と埋葬・夏至 ・粒知識【文化】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

≫続きを読む