熊本の情報サイトくまフォで熊本をもっと楽しく

くまふぉロゴ

熊本の情報・体験を発信

あなたの好きな熊本を新発見・再発見!!

熊本を楽しむための情報サイト【くまふぉ】でもっと毎日を楽しもう♪

・ピグミー ・白い熊
・水上を歩く昆虫 ・ヌメヌメ
・腰の曲がった海の生物 ・海の危険生物
・カエルの歌 ・最大級
・キャメル

 

粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

ピグミー

小さな動物、ピグミー○○をご存じですか?

 

有名な動物といえば、ピグミーマーモセット。

 

体長は12~15㎝。人の指に掴まれます。

 

他にもピグミージェルボアという世界最小のネズミ。500円玉ぐらいしかありません。

 

変わったピグミーでいうと、ピグミーカメレオン。なんと人の指の爪より小さいカメレオンです。

 

ちなみに、長く世界最小の猿と言われていたピグミーマーモセットですが、1992年にさらに小さな猿が再発見されています。

 

その名もピグミーメガネキツネザル。体長は6~7㎝だそうです。

白い熊

「シロクマ」

 

ホッキョクグマとも呼ばれるこの熊。

 

その名の通り北極の氷に覆われた世界で目立たないように白い色をしています。

 

しかし、シロクマの肌の色はなんと黒。

 

毛は白ではなく透明なんです。シロクマの毛は中が空洞になっており、光が反射することによって白色に見えていたのです。

 

なので、毛の中に汚れがたまると黄色や茶色に見えてしまうのです。

 

ちなみに、シロクマを英語で言うと「polar bear(ポーラーベア)」

 

ホワイトベアではないんですね。

 

水上を歩く昆虫

水の上をスイスイ歩いている「アメンボ」

 

最近ではあまり見かけることも少なくなりました。

 

アメンボはその軽さと、足の先の油によって水に浮いています。

 

食べ物は水に落ちた昆虫など。

 

意外なことに空も飛べます。水の上にいますが水に沈んだらもちろん溺れます。

 

ちなみに、体から飴のような甘い匂いがするのでアメンボという名前がついたそうです。

ヌメヌメ

カタツムリとナメクジ。

 

似ていますよね。殻がある、ないだけの違いかと思いきや全く違いました。

 

カタツムリの殻は体の一部です。

 

成長と共に大きくなり、脱いだりすることはできません。

 

無理に引き離すと死んでしまいます。

 

ナメクジもカタツムリも塩をかけると縮みます。そうとうな量をかけると死にますが、少しかけたぐらいでは次に水分を与えると復活します。

 

ちなみに、どちらも寄生虫をもっています。

 

触った後はしっかりと手洗いをしましょう。

 

腰の曲がった海の生物

「エビ」

 

エビという漢字には海老、蝦とあります。

 

この違いは海の中を歩くエビを海老。泳ぐエビを蝦と表記します。

 

伊勢エビは海老。車エビなどは蝦となります。

 

海老の漢字に老がついているのは曲がった形が老人のようだったため。

 

ちなみに、海老と蝦を合体させた「蛯」という漢字は日本のオリジナルの漢字です。

海の危険生物

「サメ」

 

人間を襲うとして恐れられていますが、実は440種類ほどいるサメの中でも12種類のみ。

 

襲われる可能性は限りなく低いそうです。

 

サメの特徴といえば歯。サメの歯は二週間に一回生え変わります。

 

そして肌。よくサメ肌なんて言いますが、サメの肌は鱗というより歯に近いものでできています。そのためザラザラしているのです。

 

ちなみに、サメは魚類の中では珍しく交尾をします。そのため漢字は「鮫」になったとか。

 

カエルの歌

ケロケロケロ・・

 

夜になるとカエルが鳴き始めますね。

 

カエルが鳴くと雨が降ると言いますが、雨が降るから鳴いているわけではありません。

 

あれは求愛行動として鳴いているのです。しかも鳴くのはオスのみ。

 

カエルは目がほとんど見えません。鳴き声で同じ種かどうかを判断しているのです。

 

ちなみに、猫が顔を拭くと雨が降るというのはけっこう当たるそうです。

 

湿気が多くなると猫はヒゲをきれいにするため手できれいにするそうです。

最大級

地球上で最大のほ乳類「クジラ」

 

クジラは頭から潮を吹くとされていますが、体内から潮を出しているわけではありません。

 

クジラは人間と同じ肺呼吸です。

 

人間が水面に上がった時に息を出すように、クジラも頭の上の穴から息を出します。

 

その時に溜まった水が吹き出しているように見えるのです。

 

ちなみに、漢字の「鯨」の右側の京。

 

数の単位で兆の上が京ということで京が使われたそうです。昔の人にはそれだけ大きく見えたのでしょう。

 

キャメル

砂漠に適した動物ラクダ。

 

ラクダといえば背中のコブが特徴ですね。

 

あのコブの中には脂肪が蓄えられていて、長い間物を食べなくても大丈夫です。

 

なので脂肪を消費していくとコブも小さくなっていきます。

 

それに、背中に脂肪があることにより太陽の熱も緩和されます。

 

他にもまつげが長かったりと、ラクダは砂漠に特化したつくりを沢山持っています。

 

ちなみに、ラクダはを一度に水80~100Lも飲むそうです。

 

 

 

粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

 

カテゴリー別粒知識

【生活】

家 

【生物】

ライオン 

【由来】

本 

【文化】

山 

【自然】

森 

【食べ物】

ナイフとフォーク 

【人体】

人物 

【世界】

地球 

【テクノロジー】

スマホ 

【言葉】

スピーカー 

【人物】

人物 

【スポーツ】

スポーツ 

【その他】

その他 

 

 

 

粒知識【生物①】

・みんなが嫌う「蚊」 ・アルビノ・小さな力持ち ・土用丑の日の主役・夏の声 ・それぞれの進化・穴掘り名人 ・九つの命を持つ動物・珍獣粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

≫続きを読む

粒知識【生物②】

・白黒の熊 ・重要な虫・見たら逃げる ・守る者・タートル ・最近見ない虫・警告色 ・身近な鳥・いつ寝てるの?粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

≫続きを読む

粒知識【生物③】

・空のハンター ・怒らせてはいけない・王と呼ばれる所以 ・ボラ・蟹じゃない ・あったら便利そうなもの・ジラフ ・桜という肉・悲劇の鳥粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

≫続きを読む

粒知識【生物④】

・賢い動物 ・怠け者・知能も高い ・賢者・珍ペンギン ・右か左か・コアラ ・最強は!・白い蛾粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

≫続きを読む

粒知識【生物⑤】

・ピグミー ・白い熊・水上を歩く昆虫 ・ヌメヌメ・腰の曲がった海の生物 ・海の危険生物・カエルの歌 ・最大級・キャメル粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

≫続きを読む

粒知識【生物⑥】

・鼻がいい動物 ・人を襲う魚?・シーホース ・何と読む?・ウサギの数え方 ・最強のG・ヤギ ・ムキムキの草食動物・カンタン粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

≫続きを読む

粒知識【生物⑦】

・タイガー ・マリモ・戦う鶏 ・烏の敵・クマバチ ・日本のサソリ・嗅覚 ・羊の毛・走る鳥粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

≫続きを読む

粒知識【生物⑧】

・森の忍者 ・大きな蚊・ねずみの真実 ・蟻地獄・八本足 ・万年千年・サイ ・新種発見・げっ歯目粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

≫続きを読む

粒知識【生物⑨】

・トゲトゲ ・十の姉妹・珍しい習性 ・コウモリ・蝶々 ・恐いもの知らず・国鳥 ・鶴・ダンゴムシ粒知識【生物】 1 2 3 4 5 6 7 8 9

≫続きを読む