【新聞博物館】で新聞ができるまでを学んできた

くまふぉロゴ

熊本の情報・体験を発信

あなたの好きな熊本を新発見・再発見!!

熊本を楽しむための情報サイト【くまふぉ】でもっと毎日を楽しもう♪

新聞博物館施設内

【更新日:令和2年1月22日】

#施設・名所


国内初の新聞博物館

新聞の博物館が熊本にあるって知っていましたか?

 

しかも国内初!といってもできたのは昭和62年10月1日。結構昔からあったんです。

 

新聞は学生で一人暮らしをしていた頃しつこく勧誘されて契約して少しの期間取っていたぐらいで、それから取ったことはありません。

 

昔は新聞を取っているのが当たり前ぐらいの時代もあったかもしれませんが、今ではスマホが普及しまくっているので新聞を取らずとも色んなニュースを知ることができる時代になってしまいました。

 

とは言ってもやはりまだまだ紙媒体の方が読みやすい、慣れているので紙の方がいいという方も多いでしょう。

 

しかし、これからスマホがもっともっと普及しネットでニュースを見る人口が増えると、いつかは紙媒体の新聞は無くなってしまうかもしれません。

 

そうなった時、こういう昔のことが知ることができるところが近場にあるというのは非常に良いことですね。

 

私も新聞がどのようにできているのかを知るために新聞博物館に行ってきました!

 

駐車場は結構な台数停めることができます。

 

建物がいくつかあるので最初は戸惑うかもしれませんが、案内の看板があるのでそれに従って行きましょう。

 

まずは警備員室で新聞博物館に行きたいと伝えると入館証を渡してくれます。

 

新聞博物館の入館証

 

これを首からかけて、別の建物へ。中に入るとエレベーターがあるので、それに乗って5階に昇ると博物館に行けます。

 

入館はもちろん無料!受付の人が一応いますが、ここでは何も手続きはいりません。

新聞ができる過程を知れる

入口からすごいでかい機械があります。

 

マリノニ型輪転機

 

これは「マリノニ型輪転機」という機械。

 

新聞を速く、大量に印刷するために作られた機械だそう。

 

日本に入ってきたのは1890年(明治23年)、今から130年前です。

 

この機械が新聞業界に革命を起こしたらしい・・・

 

マリノニ型輪転機がくるまでの印刷機の能力は1時間に1,500部程度だったのに対して、この機械の印刷能力は1時間に30,000部

 

実に20倍もの速さで印刷できるようになったのです!

 

中に入ってみると思っていたよりもはるかに広い造りになっていました。

 

本当に所狭しと新聞の歴史、歴代の機械、携わった人たちの文献などが並んでいました。

 

ワープロ

 

この機械は1978年(昭和53年)に開発された国内初の業務用日本語ワープロ。なんと重さは220㎏、ハードディスクの容量は10メガバイト!

 

10メガバイト・・・分かりやすく言うと上のワープロの写真が約10枚で容量パンパンになってしまうということです。

 

しかしこれでも当時としてはかなりの大容量だったのです。

 

機械の進化というのを感じることができます。そして私がもう一つ時代の変化を感じたのがこれ。

 

伝書鳩

 

ただの鳩ではありません、伝書鳩です。

 

今でこそ写真をスマホで撮って沖縄から北海道まで送るのにほんの数秒でできる時代ですが昔はそんな便利なものはありません。

 

現地で写真を撮って現像して、この伝書鳩にくくりつけた通信管に入れて会社に届けていたそうです。鳩への信頼感が半端ないです。

 

すごい時代があったんだなと・・・現代の便利さも、あと何十年後にはそんな不便なことしてたのと思われる時代がくるのでしょう。

 

そんな時代を感じながら奥に進んでいくと面白いコーナーが!

 

DVDコーナー

 

DVDで新聞の色々なことを学べるコーナー!!!

 

ソファーが置いてあり両サイドにはくまモンのぬいぐるみ。真ん中に座ってくまモンズと一緒にDVDを見ることができます。

 

映像は4種類。全部見ると1時間以上。寝ちゃいそうだからここは一つに絞って見ようと思います。

 

DVDの映像

 

種類のラインナップがこちら。

A、新聞ができるまで 昭和31年

 

B、伸びゆく熊日

 

C、熊日PR映画 昭和56年

 

D、新聞ができるまで 平成31年

 

迷うことなく「D」を選択!最近の新聞が出来上がるまでを手軽に知ることができる良い機会!

 

ボタンを押すと自動で始まります。

 

約16分の映像を見て・・・感想は・・・

 

新聞社めちゃめちゃ忙しいじゃん!というかこんなにたくさんの人が関わっていたということに衝撃を受けました。

 

毎日毎日朝刊、夕刊とこれを繰り返しているのかと思うと・・・新聞社の方々お疲れ様ですといった感じです。

 

今は色んな作業がパソコンなどの機械でできるからまだいいけど、昔は全て手作業だったのでしょう・・・

 

改めて、知らない世界を知るというのは大事ですね。子供でも分かるような優しい内容になっていると思います。

 

最初から最後まで時代を感じることができ、今の世がいかに便利なのかを再認識できた体験でした。

 

皆さんも是非。思っていたよりも楽しめますよ。

 

 

施設情報

店舗名

 

新聞博物館

住 所

 

熊本県熊本市中央区世安町172

TEL

 

096-361-3071

営業時間

 

10:00~16:30

定休日

 

日曜日

駐車場

 

あり

ホームページ

 

https://museum.kumanichi.com/

 

facebookページ

 
 

 


熊本の地名で一番多いのは何色?

熊本城 【更新日:令和2年2月4日】目次・熊本の地名に色がたくさん・それぞれの色が付いた地名

≫続きを読む

カレーパン専門店【ちぃのパン】のしっぽかれーぱん

しっぽかれーぱん 【更新日:令和2年1月27日】目次・熊本で唯一!・流石の専門店・店舗情報

≫続きを読む

お年玉付き年賀状が当たった!!

郵便局 【更新日:令和2年1月24日】目次・抽選結果発表!・当たっていた!?・景品交換と未使用年賀状交換・情報

≫続きを読む

【新聞博物館】で新聞ができるまでを学んできた

施設外観 【更新日:令和2年1月22日】目次・国内初の新聞博物館・新聞ができる過程を知れる・施設情報

≫続きを読む

植木のパン屋【BLUE LEAF】が大人気だった

お店のロゴ 【更新日:令和2年1月20日】目次・隠れ家的かと思いきや大人気店・パンうまっ!しかし気になる点が・・・店舗情報

≫続きを読む

【アゲパンヤ】で懐かしいきなこ揚げパンに再会!

店舗外観 【更新日:令和2年1月18日】目次・あの揚げパンが売られていた・中フワフワだった・店舗情報

≫続きを読む

【木村のあられ慶屋】でここでしか買えないおかきを発見

こわれミックス 【更新日:令和2年1月16日】目次・直売店で激レアおかき発見・どんなものが入っているのか・店舗情報

≫続きを読む

使わなかった年賀状、捨てたらもったいない!!

お年玉付き年賀状 【更新日:令和2年1月14日】目次・年賀状、余っていませんか?・交換を止められた・情報

≫続きを読む

【福おはぎ】のおはぎじゃなくていもパイがうますぎだった

いもパイ 【更新日:令和2年1月11日】目次・お店の中に漂う甘い匂い・我慢できずに食べちゃった・店舗情報

≫続きを読む